• 印刷する

フードパンダ、17年の注文件数が2倍に

料理宅配サービスを手掛ける独フードパンダのマレーシア事業が急成長している。現地法人フードパンダ・マレーシアがこのほど明らかにしたところよると、2017年の注文件数は前年比100%増となり、過去最高の伸びを記録した。19日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

フードパンダは実績評価の際、売り上げよりも注文件数を重視している。フードパンダ・マレーシアのサヤンタン・ダス社長によると、12年に創業してから注文の年間伸び率は60~70%だったが、昨年は初めて100%に達した。

同社長は急成長について、フードパンダがマレーシアの食品デリバリー市場で92%のシェアを確保しているほか、同国ではインターネット、スマートフォンの普及率が高く、中間所得層が台頭していることが大きいと指摘した。

フードパンダ・マレーシアは首都圏、ジョホールバル、ペナンで事業を展開している。今後はイポー、マラッカ、東マレーシアにも進出する計画。東マレーシアでは年内にサバ州コタキナバルに進出する予定だ。

同社が提携する外食事業者は1,500店、料理を運ぶドライバーは1,800人程度と報じられたことがあるが、ダス社長は正確な数を伏せている。


関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中小企業への減税案、専門家は一定の評価(18:27)

テイクオフ:当地では、出産した女性…(03/20)

2月の新車販売は1.8%減に 商用車2桁減、SUVがけん引役(03/20)

RM=27.3円、$=4.07RM(19日)(03/20)

空港MAHB、規制資産ベースで資金調達へ(03/20)

グラブ、配車キャンセル料最大5リンギ徴収(03/20)

エアアジア、ソニーの最上位ヘッドホン採用(03/20)

建設業、中期的に改善見通し=MIDF(03/20)

メトロニク、スマートシティで中国社と覚書(03/20)

ペトロベトナムの海外事業、大半が赤字(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン