• 印刷する

個人所得税法の改正案、基礎控除額5千元に

個人所得税法の改正草案が19日、中国の立法機関である全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会に提出された。個人所得税法が1980年に施行されて以来7度目の改正となり、基礎控除額を現在の月3,500元(約5万9,600円)から5,000元に引き上げることなどが盛り込まれている。新華社電が伝えた。

ほか草案では、給与取得と労務報酬、原稿料、特許使用料の所得4種類を総合課税方式に移行する制度変更や、追加控除項目に子供の教育費が加えられることなどが盛り込まれた。現行では月間所得額に応じて3~45%の7段階となっている税率構成の変更も検討されるという。

一方で草案には、個人所得税法では初めてとなる脱税防止についての内容が加えられた。不正な商業行為やタックスヘイブン(租税回避地)利用による脱税について、税務機関に納税を調整する権限を持たせるとしている。

新京報によると、中国の個人所得税は80年に徴税が開始され、当時の基礎控除額は800元だった。財政省統計では、2017年の個人所得税による税収は前年比18.6%増の1兆1,966億元となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

西九龍駅周辺の店舗、賃料1割上昇へ(18:53)

予算管理を強化、「成果」とひも付けへ(17:30)

テイクオフ:中秋節の24日、北京の…(09/26)

乗車には早めの行動必要 広深港高鉄ルポ(09/26)

日本含む米以外の市場を開拓 追加関税に対抗、中国政府(09/26)

衣料ユニバーサル、PEが買収 オンライン販売を拡充へ(09/26)

広深港高鉄の年間乗客8千万人へ、広鉄集団(09/26)

中国との取引難しい、米高官「ひどい行為」(09/26)

女性スポーツウエアのLJ、中国に店舗進出(09/26)

香港発の本土団体旅行、4Qに3割増へ(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン