• 印刷する

個人所得税法の改正案、基礎控除額5千元に

個人所得税法の改正草案が19日、中国の立法機関である全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会に提出された。個人所得税法が1980年に施行されて以来7度目の改正となり、基礎控除額を現在の月3,500元(約5万9,600円)から5,000元に引き上げることなどが盛り込まれている。新華社電が伝えた。

ほか草案では、給与取得と労務報酬、原稿料、特許使用料の所得4種類を総合課税方式に移行する制度変更や、追加控除項目に子供の教育費が加えられることなどが盛り込まれた。現行では月間所得額に応じて3~45%の7段階となっている税率構成の変更も検討されるという。

一方で草案には、個人所得税法では初めてとなる脱税防止についての内容が加えられた。不正な商業行為やタックスヘイブン(租税回避地)利用による脱税について、税務機関に納税を調整する権限を持たせるとしている。

新京報によると、中国の個人所得税は80年に徴税が開始され、当時の基礎控除額は800元だった。財政省統計では、2017年の個人所得税による税収は前年比18.6%増の1兆1,966億元となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(13:26)

中国の納税時間3割短縮、世銀とPwC調査(12:36)

中国から自転車生産移管 米企業が計画、貿易摩擦を回避(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

テイクオフ:広州モーターショーから…(11/21)

今年の訪日客は800万人超え 携程が予測、来年のビザ緩和期待(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

運輸相、「一帯一路」は貿易拡大に寄与(11/21)

民営企業の支援強化、税制面から=税務総局(11/21)

日本フルハーフ、来年に冷蔵車ボディー生産(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン