中国地方政府がFCV普及策

【上海共同=木梨孝亮】中国の地方政府が、二酸化炭素(CO2)を出さず水素と酸素を化学反応させた電気で走行し「究極のエコカー」と称される燃料電池車(FCV)の普及に向けた政策を着々と進めている。中央政府が電気自動車(EV)の普及を主導する中、FCVの中国での市場…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「入場料120元って日…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

首都に新環状道路、中国が2.6億ドル支援(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

米中戦、年末から香港経済打撃か=財政長官(07/23)

銀行の財テク商品、株式投資を解禁へ(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

習主席が中東アフリカ歴訪、経済関係緊密化(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン