中国地方政府がFCV普及策

【上海共同=木梨孝亮】中国の地方政府が、二酸化炭素(CO2)を出さず水素と酸素を化学反応させた電気で走行し「究極のエコカー」と称される燃料電池車(FCV)の普及に向けた政策を着々と進めている。中央政府が電気自動車(EV)の普及を主導する中、FCVの中国での市場…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(20:48)

現代商船、ロシア向け定期航路を新規就航(19:02)

3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位(19:02)

政府がネット通販の販促イベント、28日から(17:54)

テイクオフ:野菜や肉などの生鮮食品…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

マ首相、一帯一路会議に出席 ECRL再契約で対中関係深化へ(04/24)

ミッソンダム反対、大規模デモが継続(04/24)

首相が一帯一路で訪中へ、複数覚合意も(04/24)

三菱自がパジェロ国内販売終了へ、販売振るわず(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン