雄安新区に環境企業進出、白洋淀保全で

河北省保定市の新興開発地域、雄安新区にある湖「白洋淀」で水生生物調査や湖沼生態系修復のモデル事業が12日から始まり、新区内には環境関連企業の進出が相次いでいる。14日付21世紀経済報道が伝えた。 白洋淀では近年、さまざまな要因で湖の環境悪化、生態系破壊が進み、環境保…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎、マカオで初確認(12:57)

習主席、今後3年で637億円の資金援助約束(12:25)

セルトリオン、中国にバイオ医薬品工場(12:30)

テイクオフ:上海地下鉄2号線の一部…(01/22)

小売各社、春節商戦を本格化 中国から37万人が訪タイの見通し(01/22)

ムーディーズ、香港を格下げ 「統治力不足」指摘、政府は反発(01/22)

海外からの投資が過去最高 対外投資は8%減、企業移転は否定(01/22)

「中国生産にまだ優位性」、新金宝董事長(01/22)

プロトン、20年販売目標は3割増の13.2万台(01/22)

雲南省系企業、低中所得者向けコンド開発へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン