中国鉄路、南京―太倉の新路線を9月着工

中国の国鉄運営を担う中国鉄路総公司(中国鉄路)は、江蘇省の南京市と太倉市を結ぶ新たな高速鉄道路線を9月末に着工する。投資総額は500億元(約8,600億円)超に上る見通し。14日付揚子晩報などが伝えた。 停車駅は◇南京南◇句容◇金壇◇武進◇江陰◇張家港◇常熟◇太倉――の…

関連国・地域: 中国-江蘇
関連業種: 建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社の入居するオフィス…(10/22)

日本からの投資3分野に期待 行政長官、イノベ・建設など(10/22)

7~9月のGDP6.5%増 0.2P減速、9年半ぶり低水準(10/22)

1~9月の鉱工業生産6.4%増、伸び率鈍化(10/22)

工業設備稼働率、3Qは76.5%に下落(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

新鴻基、騰訊と戦略提携=スマホ決済普及へ(10/22)

貿易の利便性向上へ、書類削減や時間短縮(10/22)

啓碁が茂迪の工場を買収、台湾での生産強化へ(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン