【カンボジア経済通信】港湾都市シアヌークビルの現状 第335回

今年4月、1年ぶりに南部の港湾都市シアヌークビルに行って驚いたのは、本当に「中国化」が進んでいることだった。特にインディペンデンスビーチ周辺には、中国投資による高層マンションやカジノなどが数多く建設中で、全く印象が変わった。 セレンディピティビーチ周辺では、せ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

太陽光発電、21年に372MW拡大=電力公社(09/23)

4~6月は5割減、消費者の借入申請数(09/23)

アンコール航空、首都―中国鄭州市便を開設(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

【東南アジア人材の勘所】日本企業の組織・人事制度への考察(09/23)

リゾート開発の中国系企業、米国が制裁適用(09/22)

観光客数は100万人超え、お盆休み期間の(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン