【カンボジア経済通信】港湾都市シアヌークビルの現状 第335回

今年4月、1年ぶりに南部の港湾都市シアヌークビルに行って驚いたのは、本当に「中国化」が進んでいることだった。特にインディペンデンスビーチ周辺には、中国投資による高層マンションやカジノなどが数多く建設中で、全く印象が変わった。 セレンディピティビーチ周辺では、せ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

18年の道路補修費1.6億ドル 公共事業省、過積載車両にもメス(01/24)

中国と覚書8件、インフラ支援多く(01/24)

環状道路周辺に工場・倉庫移転、首都が計画(01/24)

18年の対タイ貿易額、36%増の84億ドル(01/24)

ルセイケオの工場閉鎖、労働者1400人が抗議(01/24)

中学中退者向け再教育、ネットを活用(01/24)

児童暴力防止に2.2億円供与、日本政府(01/24)

内務省、フェイスブックと意見交換(01/24)

BIDV保険、銀行窓販が好調で増収(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン