• 印刷する

ベルマツオート、18年度決算は増収増益

マレーシアでマツダ車の販売などを手掛けるベルマツ・オート(旧ベルジャヤ・オート)が12日発表した2018年4月期連結決算は、純利益が前期比19%増の1億4,007万リンギ(約38億8,000万円)、売上高が同20%増の19億9,293万リンギだった。

17年4月期は販売台数の落ち込みなどにより減収減益となったが、18年4月期は一転して増収増益に回復した。マレーシア、フィリピン両市場で販売が好調だったほか、通貨円に対するリンギ高などが好決算につながった。

ベルマツは、昨年10月に発売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―5」の新モデル投入も業績回復をけん引し、小型車「マツダ2」(日本名デミオ)の販売低迷を相殺したと説明している。

18年第4四半期連結決算(18年2~4月)は、純利益が前年同期比2.6倍増の5,719万リンギ、売上高が同61.2%増の5億7,059万リンギだった。

フィリピン事業が、通貨円に対するペソ安の影響などで低迷したが、CX―5とクロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「CX―9」の順調な販売やCXー5の組み立て製造を担う関連会社マツダ・マレーシアの業績拡大などが、大幅な増収増益に寄与した。

ベルマツ・オートは、コングロマリット(複合企業)ベルジャヤ・コープの自動車販売代理店部門となる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(16:31)

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

低所得者への燃料補助、現金支給求める声(01/18)

水道料金値上げ、大半の州と合意成立(01/18)

石油精製ヘンユアン、水素プラント建設へ(01/18)

シーセラグループ、新株発行で債務完済へ(01/18)

病院KPJ、19年は4カ所に新設計画(01/18)

ダイドー、飲料製造合弁の株式一部売却(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン