• 印刷する

1~3月の観光客122万人、欧州からは減少

ミャンマーのホテル・観光省は、今年1~3月に同国を訪れた外国人観光客は約122万人だったと発表した。西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害問題に対する批判が高まっている欧州からの観光客が減少しているという。イレブン電子版が11日伝えた。

同省によると、国別の観光客数ではタイが最も多い8万5,000人超で、中国の6万8,000人超、日本の2万8,000人超が続いた。欧州諸国からの観光客は6万8,000人超で、うちフランス人が1万8,170人、英国人が1万3,561人、ドイツ人が1万1,000人超だった。

ミャンマー旅行業者協会(UMTA)のテト・ルウィン・トー会長は「フランスと英国からの観光客が今年、前年比で30~40%減少すると予測している旅行会社もある」と述べた。

オン・マウン・ホテル・観光相は4日、首都ネピドーで開かれた調整会議で「昨年はラカイン州問題を理由に観光旅行の約50%がキャンセルまたは延期された」と報告した。


関連国・地域: 中国タイミャンマー日本欧州
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏が棄却要求、ロヒンギャ国際法廷(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

ICJ、来年にも仮処分=ロヒンギャ迫害で(12/13)

EU関税優遇の撤廃に現実味=商議所会頭(12/13)

米財務省、制裁強化で国軍幹部の資産を凍結(12/13)

国連の「人間開発指数」、中位国に上昇(12/13)

企業統治原則、20年の公布目指す(12/13)

観光客の立入禁止区域を拡大、地雷事故受け(12/13)

ヤンゴンのタムウェ市場改築、店主らが反対(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン