廃プラ輸入増、処理力が不足 廃棄物発電を推進も設備が不十分

中国が昨年末から廃プラスチックの輸入を停止したことを受け、タイは輸入量を増やしているものの、低品質のプラスチックごみも流入している。プラスチックごみの一部はタイ政府が促している廃棄物発電の施設の燃料になるとされるが、専門家は現状の設備では環境悪化を助長すると指…

関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイで電気自動車(EV…(06/18)

輸入廃棄物の税関検査を強化 電子ごみも急増、処分場化を懸念(06/18)

IoTで現場が変わる=能率協会がセミナー(06/18)

日立、2社と協業でCCTVソリューション(06/18)

電波帯入札見直しへ、大手3社の辞退で(06/18)

デルタ、ソフトウエア会社買収で印事業拡大(06/18)

阪急阪神不動産、タイ4件目のコンド開発へ(06/18)

タイSCG傘下、ビンミン株を買い増しへ(06/18)

信金中金、日系3社のPRイベントを開催(06/18)

PTTとカシコン銀、Eウォレットで提携(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン