SKT、中国DJIと高画質映像サービス

韓国移動通信大手のSKテレコム(SKT)は11日、中国のドローン(小型無人機)最大手DJIと高画質映像サービスで提携すると発表した。

DJIのドローンで撮影した映像をSKTのライブ配信サービス「Tライブキャスター」を用いて、高画質でストリーミング配信できるようにする。DJIのドローン操縦アプリ「DJI Go」を「Tライブキャスター」に連動させる。

SKTは「高速通信規格『LTE』を活用するTライブキャスターは、高画質の映像を安定して送受信できるため、ドローン撮影において活用度が高い」と説明する。

両社はまず、LTEネットワークが比較的整備されている韓国と日本、米国でサービスを導入する方針。その後、世界市場での本格的なサービス展開を検討する。また、第5世代(5G)移動通信を用いた4K・8K映像のリアルタイム配信などについても協議していく計画だ。

急成長するドローン市場を見据え、SKTが中国最大手のDJIと手を組んだ(SKT提供)

急成長するドローン市場を見据え、SKTが中国最大手のDJIと手を組んだ(SKT提供)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:済州島が梅雨入りした。…(06/20)

米中貿易戦争、韓国に波紋 中間財の輸出が減少(06/20)

5月の輸入物価指数、8.1%上昇(06/20)

韓国の景気先行指数、5年ぶりの低さに(06/20)

鉄道や経済特区、政府が南北経済協力構想(06/20)

5G周波数帯、通信大手3社に割り当て(06/20)

SKT、ノキアと5G単独データ送信に成功(06/20)

サムスン電子の納税額15兆ウォン、韓国8割(06/20)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(321)(06/20)

韓国人が最も使うSNS、フェイスブック(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン