テイクオフ:自動運転車に無人店舗、…

自動運転車に無人店舗、産業用ロボット。「無人化・自動化」は既に、現代中国を語る上で欠かせないキーワードの一つになっていると思う。

最近、二つの無人化サービスを体験する機会があった。まずは無人コンビニ。商品には全て無線周波数識別(RFID)タグが張り付けられており、会計専用の台に商品を載せると一瞬でモニターに合計金額が表示された。モバイル決済で支払う。そして軌道交通の自動運転路線。上海市の浦江線がそれで、車両の両端は全面ガラス張りの展望席だ。自動運転だから運転席は必要ないというわけだ。直線で加速し、カーブではスピードを落とす。機械的な、やや乱暴な運転で、車内はよく揺れた。

技術発展の速度がすさまじい中国。先週には時速350キロの高速鉄道の自動運転試験が始まったというが、さすがにスピードの出しすぎではないかと少し心配になる。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新都市開発で対話集会開催へ 透明性欠如との指摘に対応(06/19)

テイクオフ:普段からよく使っている…(06/19)

米が追加関税へ、中国も報復 相互に500億ドル分、7月発動予定(06/19)

豪とEUがFTA交渉開始 共同で保護主義に反発(06/19)

中国メディアが批判、米の追加関税(06/19)

外資の利用拡大へ、国務院が複数の推進策(06/19)

ダーウィン港管理の中国企、多大な負債に困窮(06/19)

プロトン成長の鍵はEV開発、経済学者提言(06/19)

港澳一号、マカオへの運賃は170ドルから(06/19)

国税局と地税局が統合、各省で新機関発足(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン