• 印刷する

本土薬品開発の華領、香港上場を申請

上海市を拠点に糖尿病治療薬の開発に取り組む華領医薬は6日、香港取引所(HKEX)に新規株式公開(IPO)を申請した。売り上げの計上がないバイオテクノロジー企業の上場を認めるHKEXの新ルールに基づいて上場するとみられる。7日付香港経済日報などが伝えた。

消息筋によると、華領医薬は2億米ドル(約220億900万円)の調達を目指す。調達した資金は、2型糖尿病の治療に用いる新薬の開発のほか、生産、販売などに充てる計画だ。

同社がHKEXに提出した仮目論見書によると、現在は2型糖尿病向け新薬の治験(フェーズ3)を実施中。同社の製品は商用化されておらず、これまで製品による売上高を計上していない。米投資銀行ゴールドマン・サックスと香港を拠点とする証券会社CLSAがIPOのスポンサーを務める見通し。

浙江省杭州市を拠点にC型肝炎ウイルスなどの治療薬を開発する歌礼(Ascletis Pharma)も先ごろ、新ルールに基づきIPOを申請している。

HKEXの新ルールでは、時価総額(上場時見込み)が15億HKドル(約210億円)以上などの条件を満たせば、売り上げが未計上のバイオ企業の上場申請を認める。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 医療・医薬品化学金融

その他記事

すべての文頭を開く

新世界が住宅購入一元化、2Qに運用開始(16:19)

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

中小の銀行融資審査、18年4Qは少し容易に(02/21)

反発、大湾区関連銘柄に買い継続=香港株式(02/21)

銀聯、旧正月の香港取引額が4割増に(02/21)

1月の訪日香港人3.9%減、再びマイナスに(02/21)

大湾区は「中国のEUに」、専門家(02/21)

大湾区の貿易にワンストップサービス、広東(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン