• 印刷する

即席麺の康師傅、1Qは64%増益

天津市を本拠とする香港上場の食品大手、康師傅控股が発表した第1四半期(1~3月)決算は、純利益が前年同期比64.3%増の7億1,200万元(約120億5,080万円)だった。主力とする即席麺の国内シェアは販売量ベースで44.4%、売上高ベースで49.9%と、首位を維持した。

PET樹脂や紙材料といった主要原材料価格は高止まりしたものの、商品構成の見直しや、商品の刷新に合わせた値上げなどが奏功し、粗利益率は29.7%と、前年同期比で1.62ポイント上昇した。

売上高は5.9%増の150億3,700万元だった。部門別では即席麺が8.5%増の63億700万元、飲料が4.6%増の83億5,100万元だった。


関連国・地域: 中国-天津
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

相次ぐEV発火事故、安全性に不安の声(10/19)

韓国の家電輸出が2割減、米保護主義が影響(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン