• 印刷する

即席麺の康師傅、1Qは64%増益

天津市を本拠とする香港上場の食品大手、康師傅控股が発表した第1四半期(1~3月)決算は、純利益が前年同期比64.3%増の7億1,200万元(約120億5,080万円)だった。主力とする即席麺の国内シェアは販売量ベースで44.4%、売上高ベースで49.9%と、首位を維持した。

PET樹脂や紙材料といった主要原材料価格は高止まりしたものの、商品構成の見直しや、商品の刷新に合わせた値上げなどが奏功し、粗利益率は29.7%と、前年同期比で1.62ポイント上昇した。

売上高は5.9%増の150億3,700万元だった。部門別では即席麺が8.5%増の63億700万元、飲料が4.6%増の83億5,100万元だった。


関連国・地域: 中国-天津
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

軍病院が新棟開設、中国が2億元支援(01/23)

中国が40億元無償支援 首脳会談、貿易額も倍増へ(01/23)

深セン前海地区の拡大表明 市長、香港との協力深化に期待も(01/23)

テイクオフ:海南島産のコーヒー粉を…(01/23)

首相が中国で投資呼掛け、行政効率化を強調(01/23)

中国自主ブランド車に陰り 4年ぶりシェア縮小、逆風直撃(01/23)

ラビダが4連覇、18年のセダン販売(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

国境貿易が3%減、中国国境の管理強化で(01/23)

就業者数、1961年以降で初の減少(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン