即席麺の康師傅、1Qは64%増益

天津市を本拠とする香港上場の食品大手、康師傅控股が発表した第1四半期(1~3月)決算は、純利益が前年同期比64.3%増の7億1,200万元(約120億5,080万円)だった。主力とする即席麺の国内シェアは販売量ベースで44.4%、売上高ベースで49.9%と、首位を維持した。

PET樹脂や紙材料といった主要原材料価格は高止まりしたものの、商品構成の見直しや、商品の刷新に合わせた値上げなどが奏功し、粗利益率は29.7%と、前年同期比で1.62ポイント上昇した。

売上高は5.9%増の150億3,700万元だった。部門別では即席麺が8.5%増の63億700万元、飲料が4.6%増の83億5,100万元だった。


関連国・地域: 中国-天津
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:愛用の自転車の後輪が走…(06/21)

大橋の通行予測を下方修正 車両1割減、利用促進に課題か(06/21)

環境と物流を中心に改善要望 日本商会の白書、公平性求める(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

UPS、3割超が受け取り選択サービス利用(06/21)

自動車のインターネット、標準化指針を公布(06/21)

フンセン首相、貿易戦争の影響調査を指示(06/21)

サービス貿易振興地域、雄安新区を追加(06/21)

JPモルガン、香港でIT人材を増員へ(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン