• 印刷する

テイクオフ:インド人は日本語が上手…

インド人は日本語が上手だとつねづね思っている。話す人の数は少ないけれど、たまに耳にするその日本語は総じてうまい。

驚かされるのは、日本人旅行者のガイドをしながら身につけた、ネットのアニメを見て覚えたなど、留学経験ゼロのケースが少なくないこと。聞けばヒンディー語と日本語は、主語・目的語・述語の並びが同じらしい。日本人が英語学習で経験する「マイクは食べた、ハンバーガーを」という語順入れ替えの苦労がないぶん、習得が速いのかもしれない。

日本語を話すインド人に尋ねると、「話すだけなら日本語は難しくない」ときっぱり。一方、ヒンディー語を使う日本人に聞いてみると、「英語に比べたら学びやすい」と言いつつ「でも、ヒンディー語もいろいろ難しくて……」とはっきりしない。言葉の構造は似ていながら、思考の構造にはかなりの隔たりがある二国のようだ。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン