テイクオフ:名前はなあに、と小さな…

名前はなあに、と小さな女の子が駆け寄ってきた。抱きついてくる子や、手を握ってくる子たちと、タガログ語を交えながら会話をする。足元には生ゴミが散らばり、野犬にハエが群がっていた。

マニラ北西部のトンドに、地元の警察も足を踏み入れないハッピーランド地区がある。「幸せな土地」ではなく、現地語で「ゴミ山」に語呂が似ているとの皮肉で付けられたとか。初めは抵抗があったが、大人でもカメラを見るとポーズをとってみせる。住民たちの汚れのない笑顔と無邪気さに心が洗われた。確かに環境は劣悪だが、人々が密集するこの地区には、強烈な「生」が溢れている。

帰路につくジプニーのなか、腕が真っ黒にすすけていることに気付いた。小さくも温かな手の感触が残っていた。子どもたちが大人になったとき、この国が彼らにとって幸せな場所になるよう祈った。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タンドゥアイ、蒸留酒の国内シェア首位目標(15:34)

生活必需品の価格統制、白米などが対象に(15:34)

首都圏の最賃320ペソ上げ、労組が請願(14:18)

テイクオフ:現地の朝刊を読んでいる…(06/18)

5月新車販売は14%減 4カ月連続マイナス、一部回復も(06/18)

現代自の1~5月販売、7%減の1.3万台(06/18)

経常赤字2億ドルに縮小、サービス収支伸び(06/18)

優遇改正の移行期間5~7年妥当、民間団体(06/18)

税制改革で法人税率10%なら妥協、電子業界(06/18)

外国人証券運用、5月は2億ドルの売り越し(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン