発電ARC、石炭火力などに90億ペソ投資

フィリピンのミンダナオ地方で発電事業を手掛ける持ち株会社アルソンズ・コンソリデーテッド・リソーシズ(ACR)は28日、今年の設備投資に90億ペソ(約187億6,000万円)を計上しており、このうち70億ペソをサランガニ州マアシムの石炭火力発電所の2号機(発電容量10万5,000キロ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

生保サンライフ、7月からECサイトで販売(17:40)

首都圏水道局、韓国大邱市から事業提案(17:40)

太陽光で飲料水生成、全国8地域に設置へ(17:40)

テイクオフ:脳裏に焼き付いて離れな…(06/25)

日中韓が政府開発援助拡大 インフラ開発、今年は10案件着工(06/25)

首都環状道路C2、トラックの車線規制へ(06/25)

電力インフラの改善、日本が技術協力(06/25)

22年までの輸出振興計画案、最終案が完成(06/25)

卸売物価指数、4月上昇率は6.3%に加速(06/25)

閉鎖中のボラカイ島、前倒しで観光再開も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン