FPT、自動車技術で世界シェア1割目指す

ベトナムIT最大手FPTは、2025年までに世界の自動車関連ソフトウエア販売でシェア10%を目指す。チュオン・ザー・ビン会長が先週、明らかにした。28日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が報じた。

ビン会長は「第4次産業革命(インダストリー4.0)により自動車産業は一変する。自動運転、コネクテッドカー、電気自動車、カーシェアリングが可能になる。FPTはこの分野に参入する」と説明する。

傘下のFPTソフトウエアは5月中旬、国内初となる自動運転車の商用運転について運輸省に許可を求めた。ただしFPTは自動車製造ではなく、関連技術に将来性があるとみており、ビン会長は「世界の自動車大手と競争するのではなく、ソフトや関連技術の開発で連携したい」としている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

越系マイテル、参入早々に受難 「軍の合弁」に臆測も顧客は急伸(06/25)

大和ハウスと大成建設、住宅兼ホテル開業へ(06/25)

ヒノキヤ、HCM市で住宅開発(06/25)

韓国ティーウェイ航空、越人乗務員を採用(06/25)

ハノイのバス利用者、5年で2割減(06/25)

ハロン湾一望のコンドテル、FLCが発表会(06/25)

韓国企業、太陽光発電設備・技術を提供(06/25)

国内最大級の太陽光発電、タイニン省で着工(06/25)

機械部品の湯本電機、ロンアン工場で操業(06/25)

シンドラー、HCM市に国内初ショールーム(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン