• 印刷する

FPT、自動車技術で世界シェア1割目指す

ベトナムIT最大手FPTは、2025年までに世界の自動車関連ソフトウエア販売でシェア10%を目指す。チュオン・ザー・ビン会長が先週、明らかにした。28日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が報じた。

ビン会長は「第4次産業革命(インダストリー4.0)により自動車産業は一変する。自動運転、コネクテッドカー、電気自動車、カーシェアリングが可能になる。FPTはこの分野に参入する」と説明する。

傘下のFPTソフトウエアは5月中旬、国内初となる自動運転車の商用運転について運輸省に許可を求めた。ただしFPTは自動車製造ではなく、関連技術に将来性があるとみており、ビン会長は「世界の自動車大手と競争するのではなく、ソフトや関連技術の開発で連携したい」としている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン