• 印刷する

4Gデータ通信「アナンダ」、ヤンゴンで開始

アマラ・コミュニケーションズは最大都市ヤンゴンでの4Gサービス開始を発表した=25日、ヤンゴン(同社提供)

アマラ・コミュニケーションズは最大都市ヤンゴンでの4Gサービス開始を発表した=25日、ヤンゴン(同社提供)

ミャンマーの通信大手アマラ・コミュニケーションズは25日、最大都市ヤンゴンで高速通信規格の第4世代(4G)のデータ通信サービス、「アナンダ」の提供を開始したと発表した。

データ通信量が無制限のプランは月額3万5,000チャット(約2,830円)。モバイル無線ルーターのMiFi(マイファイ)、モバイル機器を最大30台まで同時に接続できる4Gルーターも提供する。

アマラ・コミュニケーションズは、ミャンマーの財閥インターナショナル・グループ・オブ・アントレプレナー(IGE)の傘下企業で、2011年に設立。通信塔の敷設や運営・維持事業なども手掛ける。16年には4Gサービスの事業認可を取得していた。携帯電話サービスのライセンスは保有していない。

アナンダは、ヤンゴンに続き北中部マンダレー管区でもサービスを開始する計画だ。

ミャンマーでは先ごろ、携帯電話サービス事業者の国営ミャンマー郵電公社(MPT)、ノルウェーのテレノール、カタール系Ooredoo、ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)系の「マイテル(Mytel)」が4Gサービスを開始している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

来月7日がディワリで国民の休日に(10/20)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/19)

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン