• 印刷する

広東省、20年までに5G基地局7300カ所

広東省政府は23日、第5世代(5G)移動通信システムの関連インフラ建設についての3年計画を発表した。2020年までに基地局数を7,300カ所に到達させることを目指す。広州日報系のニュースサイト大洋網が伝えた。

計画では、来年から広州と深センで5G基地局の建設を開始する。通信基地局の建設、維持、運営を行う中国鉄塔が今年末までに、省内各市の22年までの5G基地局建設プランをまとめることになっている。

ほか計画では、20年には省内の光ケーブル通信加入者数を3,472万件とすることや、4G基地局の総数を35万9,000カ所とするといった目標も掲げている。


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

工業設備稼働率、18年は76.5%に下落(14:23)

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(13:53)

24年までに新たに470万戸に都市ガス供給(13:25)

18年の観光客8.2%増、目標500万人は未達(01/21)

テイクオフ:三十数年前に使った中国…(01/21)

悲観傾向が3年ぶり強さ 1Q大手景況感、貿易摩擦が影響(01/21)

「春運」旅客29.9億人見込み 0.6%増、きょう21日から対応実施(01/21)

中国江蘇省企業、プルサットで綿花栽培(01/21)

深センの18年経済規模、香港超えか(01/21)

自動車と家電、地方レベルでも追加支援策(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン