軍艦建造費高すぎ!国防省業務に支障も

オーストラリアのシンクタンク、オーストラリアン・ストラテジック・ポリシー・インスティチュート(Australian Strategic Policy Institute、ASPI)は28日までに、国防省の予算見直し業務を完了し、軍艦や潜水艦への拠出が2020年までに年間40億豪ドル(約3,312億円)へと膨張…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

シドニー南西部貨物ハブ、政府が売却計画か(17:39)

豪家庭の電気代7%低下へ、再生エネ増で(17:39)

豪建設労組、年末年始の休業要請を撤回(17:39)

テイクオフ:ニュージーランドのオー…(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

シドニー軽鉄道、14日にようやく運行開始へ(12/09)

〔政治スポットライト〕首相が中央省庁削減、公共サービス向上へ(12/09)

個人所得税と法人税の割合、豪は主要国2位(12/09)

入国ビザ外部委託入札、来年に持ち越し(12/09)

〔オセアニアン事件簿〕NSW山火事拡大、680軒以上が被害(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン