レノボ、18年3月期決算は200億円の赤字

北京に本拠を置く香港上場のPC世界大手、聯想集団(レノボ)が24日に発表した2018年3月期通期決算は、純損益が1億8,900万米ドル(約207億1,100万円)の赤字だった。

売上高は前期比5%増の453億5,000万米ドルと、過去3年間の最高額となったものの、米国の減税政策を受けて繰り延べ税金資産の評価見直しで4億米ドルの一時費用を計上したため、赤字となった。粗利益は3%増の62億7,200万米ドル。

事業別の売上高の内訳は◇PC・スマート設備事業:8%増の323億7,900万米ドル◇スマートフォンを主とするモバイル端末事業:6%減の72億4,100万米ドル◇データセンター事業:8%増の43億9,400万米ドル——。売上高の地域別割合は、中国が25%、米州が31%、欧州・中東・アフリカが28%、アジア太平洋が16%だった。


関連国・地域: 中国-北京香港
関連業種: 経済一般・統計IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

小米株、クアルコムなど7社が5億ドル引受(06/22)

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

中国の経済政策を徹底批判 米リポート、世界の脅威と主張(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

技術移転の強制は歪曲、商務省が米国を批判(06/22)

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(06/22)

中国企業、ミャンマーへの工場移転に関心(06/22)

中国製などの鉄鋼輸入制限、米が一部を除外(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン