• 印刷する

レノボ、18年3月期決算は200億円の赤字

北京に本拠を置く香港上場のPC世界大手、聯想集団(レノボ)が24日に発表した2018年3月期通期決算は、純損益が1億8,900万米ドル(約207億1,100万円)の赤字だった。

売上高は前期比5%増の453億5,000万米ドルと、過去3年間の最高額となったものの、米国の減税政策を受けて繰り延べ税金資産の評価見直しで4億米ドルの一時費用を計上したため、赤字となった。粗利益は3%増の62億7,200万米ドル。

事業別の売上高の内訳は◇PC・スマート設備事業:8%増の323億7,900万米ドル◇スマートフォンを主とするモバイル端末事業:6%減の72億4,100万米ドル◇データセンター事業:8%増の43億9,400万米ドル——。売上高の地域別割合は、中国が25%、米州が31%、欧州・中東・アフリカが28%、アジア太平洋が16%だった。


関連国・地域: 中国-北京香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北京―上海高速鉄道には…(11/19)

エコカーで攻める日系 広州MS、世界初公開車も(11/19)

緯創、インドに第3工場建設(11/19)

マンダレー線車両、中国から調達を国会提案(11/19)

来年の輸出マイナスを懸念、業界団体(11/19)

保護主義を懸念、APEC首脳会議で習主席(11/19)

中国支援の鉄道整備、コンサル契約を締結(11/19)

米政府、香港との貿易協力関係維持を明言(11/19)

中国是正で制裁見送りも、米に142項目回答(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン