• 印刷する

銀聯カード発行枚数、累計66.9億枚を超過

中国の銀行間決済ネットワークを運営する中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)は22日発表した「中国銀行カード産業発展報告(2018)」で、2017年に銀聯カードの累計発行枚数が全世界で66億9,000万枚を超えたと明らかにした。銀聯カードが使える国・地域は168カ国・地域に達したほか、加盟店舗は5,000万店舗に迫り、銀聯カード対応現金自動預払機(ATM)は260万台近くになったとしている。

銀聯QRコードによる決済機能も受け入れる業界が増え、海外でも使えるようになってきたと説明した。

ほか17年の成果として、商業銀行や決済機関と同年にサービスを始めたアプリ「銀聯雲閃付(クイックパス)」によるモバイル決済が増加したと指摘した。銀聯のシステムがラオスなどで決済システムの主流になったほか、ベラルーシ、タジキスタン、セルビアなど、中国政府が推し進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」対象地域の諸国との決済ネットワーク接続で合意したことも紹介。中国銀聯が国際的な影響力を拡大していると強調した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

首都モールの感染者情報は虚偽=当局発表(02/28)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

労働力のシェアリングが拡大 異業種間で需給調整、政府も支援(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

中小企業33%が再開、1日1Pペースで上昇(02/28)

豪首相「パンデミックに備えよ」 中国からの入国制限延長(02/28)

武漢での抑え込み継続、党の最高指導部会議(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン