• 印刷する

アウディ、20年にEV投入を計画

ドイツ高級自動車メーカーのアウディは、インドで2020年に電気自動車(EV)を投入する方針を示した。現地法人アウディ・インディアの社内に専門チームを結成し、社員やディーラーに対する研修を実施している。ビジネス・スタンダード(電子版)が22日に伝えた。

インド事業を統括するラヒル・アンサリ氏が「1回の充電で400キロメートル走行できるモデルを検討している」と明らかにした。まずは一部の都市のディーラーで限定的に販売する。同社は昨年、「インドでEVを発売するかどうかは、充電設備などのインフラ整備の進展次第」と、様子見の姿勢を示していた。

インドでは現在、大手ではマヒンドラ&マヒンドラ(M&M)とタタ・モーターズがEVを生産。マルチ・スズキを傘下に持つスズキと、トヨタ自動車が20年の投入を予定している。

市場に流通する現行のEVは、充電1回当たりの走行距離が150キロ程度とされる。アウディは走行距離が長いモデルを投入することにより、差別化を図る考えだ。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド国内で都市名を変…(10/22)

FAの協立電機、印で弾み 製造業振興の波に乗り事業拡大へ(10/22)

マヒンドラとフォード、提携で正式契約2件(10/22)

マヒンドラの新MPV、予約が1万台突破(10/22)

NEDO、インドの病院で省エネ実証運転(10/22)

チェンナイで給水業者がスト、産業界に打撃(10/22)

リクルート、印の経費精算ソフト会社に出資(10/22)

インドのIT団体と広島県、協力推進で覚書(10/22)

破綻エッサールの買収、ミタルが一歩前進(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン