PPP案件の投資で新政令 課題の政府保証、改革は見送り

ベトナム政府は今月に入り、官民連携(PPP)によるプロジェクト投資に関する新政令となる63号(63/2018/ND―CP)を発表した。6月19日から施行の予定。政府関係者は「投資や入札の手続きが大幅に簡素化され、外国企業は案件に参加しやすくなった」と話す。一方、従来から…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

サイバー法可決、業界に波紋 各社は追随も運用面には疑問多く(06/20)

サビコ、輸入車規制で増益目標も控えめ(06/20)

カムラン空港、国際線ターミナルの試験供用(06/20)

ベトナム便就航の航空会社、63社に(06/20)

ハノイ都市鉄道2A号線、年内開業を確認(06/20)

BOT料金所、19年末には全てETC化(06/20)

ハノイ都市鉄道3号線、全線開業23年1Qか(06/20)

ハノイーハイフォン高速、毎日11万ドル赤字(06/20)

クアンニン水道社、UPCoMに登録(06/20)

ソクチャン省、風力発電事業への投資誘致(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン