PPP案件の投資で新政令 課題の政府保証、改革は見送り

ベトナム政府は今月に入り、官民連携(PPP)によるプロジェクト投資に関する新政令となる63号(63/2018/ND―CP)を発表した。6月19日から施行の予定。政府関係者は「投資や入札の手続きが大幅に簡素化され、外国企業は案件に参加しやすくなった」と話す。一方、従来から…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EVFTAの妥結へ一歩前進 EU、東南アとの協定拡大に本腰(10/22)

ホンダ二輪販売12%増、4~9月(10/22)

ベトジェットとJALがコードシェア運航(10/22)

韓国の飲食宅配アプリ、来年にベトナム進出(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

ファーストリアル不動産、HOSEに上場(10/22)

ニントゥアン省で再生エネ拡大、太陽光29件(10/22)

FPT、1~9月は輸出好調で増収増益(10/22)

「第4次産業革命は企業先導」が最多(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン