サムスン、AIを重点育成 世界5カ所に研究センター

サムスン電子が人工知能(AI)の重点育成事業に位置付ける。李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の肝いりで、韓国と海外に設置する計5カ所の「AI研究センター」を結ぶネットワークを構築。各センターに有能な人材を集め、得意の巨額投資とスピード経営で先行する米国企業らに対抗し…

関連国・地域: 韓国米国欧州
関連業種: 経済一般・統計IT・通信社会・事件雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

韓国、ミャンマーの農機開発を支援(13:30)

両面ディスプレーのスマホ開発か、サムスン(13:56)

テイクオフ:サッカーW杯ロシア大会…(06/25)

生コン工場をスマート化 有進、日本企業と技術提携(06/25)

5月の生産者物価指数、2.2%上昇(06/25)

韓国ティーウェイ航空、越人乗務員を採用(06/25)

企業8割「北との関係改善は経済にプラス」(06/25)

米ロボット開発企業に出資、LG電子(06/25)

サムスン、高容量のデータセンター用SSD(06/25)

韓国企業、太陽光発電設備・技術を提供(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン