サムスン、AIを重点育成 世界5カ所に研究センター

サムスン電子が人工知能(AI)の重点育成事業に位置付ける。李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の肝いりで、韓国と海外に設置する計5カ所の「AI研究センター」を結ぶネットワークを構築。各センターに有能な人材を集め、得意の巨額投資とスピード経営で先行する米国企業らに対抗し…

関連国・地域: 韓国米国欧州
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

現代自が投資増額、電動・スマート化に拍車(18:26)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(17:50)

フィンテック企業育成、規制を緩和(17:54)

SKTとアマゾン、5Gエッジ事業で協力(17:53)

テイクオフ:トッポッキが食べたいな…(12/05)

米中摩擦、電子も東南ア移転 制裁第4弾で供給網再編に拍車(12/05)

ネイバーペイ、台湾・タイでも決済可能に(12/05)

11月末の外貨準備高、11.4億米ドル増加(12/05)

韓国経済のリスクはデフレ=米格付けS&P(12/05)

2%成長「まだ可能性ある」=韓国銀行(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン