• 印刷する

シュエダゴンパゴダの16年度収入、約72億円

ミャンマー最大都市ヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダ(仏塔)の2016年度(16年4月~17年3月)の収入は、現地通貨が670億チャット(約55億円)、外貨が1,520万米ドル(約16億8,500万円)だった。日本円に換算すると、合計で約72億円に相当する。電子メディアのイラワジが17日伝えた。

ヤンゴン管区政府のナイン・グン・リン社会福祉相が16日の管区議会で明らかにした。参拝者の寄付や外国人観光客の拝観料、駐車場料金など、パゴダ運営に関連する全収入を含む。さらに、国営ミャンマー経済銀行(MEB)にある管区政府のパゴダ関連の預金に対する同年度の利息収入は4億7,640万チャットだった。

シュエダゴン・パゴダのほか、同年度のスーレー・パゴダの収入は1,600万チャット、カバエ・パゴダは8,900万チャット、ボタタウン・パゴダは1,450万チャットおよび1,520万米ドル、スウェドー・パゴダは1,580万チャットだった。

これまでパゴダの収入は公開されたことがなかった。ナイン・グン・リン社会福祉相は「各パゴダの支出報告書は毎年、会計検査院が精査している」と説明した上で、今後は報告書を議会に提出すると約束した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロイター記者の上告審開始、ミャンマー最高裁(00:28)

日本からの中古車輸出が継続 18年、3割減もタイ経由で(03/27)

プラスチック事業など投資6件を認可(03/27)

FMI、運休航空会社の保有株を売却(03/27)

シーライオン、ヤンゴンに新物流センター(03/27)

車両の交換部品、輸入手続きを簡素化(03/27)

旧ビルマ省庁舎、サージパン氏の三男と提携(03/27)

カチン州政府、組織培養バナナ農園に恩典付与(03/27)

シャン州ワ自治管区で倉庫爆発、16人死亡(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン