《知財》知財紛争で調停義務化、当局が提案

フィリピン知的財産局(IPOPHL)は、全ての知財紛争に対して同局での調停手続きの利用を義務化する方針だ。法廷での紛争解決にかかる費用や時間の短縮につなげる。地元紙マニラブレティンが伝えた。 改正案では、同局の法務部署(BLA)の「代替紛争解決サービシズ(AD…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:プールサイドで、アクシ…(01/17)

今年はPUV近代化を推進 陸運委、配車アプリの規制緩和も(01/17)

PUV近代化、民間銀行が資金提供前向き(01/17)

東南アの車生産、1~11月は8%増の403万台(01/17)

労組が全国の日額最賃上げ請願へ、最大740円(01/17)

マニラ湾の環境改善、違反は罰金1日42万円(01/17)

米ペイパル、国際顧客対応拠点開設へ(01/17)

16日為替:$1=52.130ペソ(↓)(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

経営破綻の韓進現法、地裁が更生開始命令(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン