《知財》知財紛争で調停義務化、当局が提案

フィリピン知的財産局(IPOPHL)は、全ての知財紛争に対して同局での調停手続きの利用を義務化する方針だ。法廷での紛争解決にかかる費用や時間の短縮につなげる。地元紙マニラブレティンが伝えた。 改正案では、同局の法務部署(BLA)の「代替紛争解決サービシズ(AD…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

比中企業、マカティ市地下鉄の事業者に決定(13:50)

テイクオフ:フィリピンにもハロウィ…(10/24)

PEZA優遇維持へ、長官がロビー活動継続(10/24)

財政赤字、1~9月は前年比78%増(10/24)

23日為替:$1=53.815ペソ(↓)(10/24)

EC拡大受けアヤラが合弁で物流会社(10/24)

ダバオ空港など開発、運輸省が2社に優先権(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

配車グラブ、安全向上へ投資を倍増(10/24)

サンロケ水力発電所、サンミゲルが増強検討(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン