《知財》知財紛争で調停義務化、当局が提案

フィリピン知的財産局(IPOPHL)は、全ての知財紛争に対して同局での調停手続きの利用を義務化する方針だ。法廷での紛争解決にかかる費用や時間の短縮につなげる。地元紙マニラブレティンが伝えた。 改正案では、同局の法務部署(BLA)の「代替紛争解決サービシズ(AD…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「上の2人が実の娘で、…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

外出制限、10月も緩和継続 マニラ首都圏、経済再開探る(09/30)

大統領「辞任を提案した」、汚職に憤り(09/30)

コロナ感染新たに2025人、計30万9303人(09/30)

サービス業の全面再開を、貿産相(09/30)

クラーク空港の接続道路、工事入札を開始(09/30)

比経済回復は来年4~6月期以降、フィッチ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン