• 印刷する

テイクオフ:日本にいる時は、公共交…

日本にいる時は、公共交通機関を利用すれば、自分が運転しないので移動中ぼんやりできることが利点だと思っていた。しかし、オーストラリアでは事情が異なるようだ。

特にシドニーのバスは、次の停留所を車内でアナウンスしないので、気を付けていないと下車しそびれる。運転手が停留所を把握していないこともあり、乗客が「停留所飛ばしましたよ」と助言することもしばしば。

ぼんやりできないのは乗車中だけではない。先日、通勤に利用しているバス停で待っていると、いつもの時間に来るはずのバスに「回送」と表示されていた。いや、そんなはずはないと、試しに手を上げてみたところ、停まってくれた。運転手に行き先を確認したら「あ、ごめん。表示を変えるのを忘れてた」。この国で公共交通機関を利用する際は、運転手にお任せは禁物だ。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアやニュー…(10/22)

豪与党保守連合、過半数割れ 補選敗退で「少数政府」に(10/22)

豪州、純資産額中間値が19万$超で世界一(10/22)

豪畜産業界、ブレグジットの影響を憂慮(10/22)

石油大手2社、3Q生産量と売上ともに好調(10/22)

草賀駐豪大使、「今後も豪石炭輸入は重要」(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

ANZと6行、貿易情報ネットワーク構築へ(10/22)

疑わしい取引の通報急増、CBA違反発覚で(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン