• 印刷する

テイクオフ:日本にいる時は、公共交…

日本にいる時は、公共交通機関を利用すれば、自分が運転しないので移動中ぼんやりできることが利点だと思っていた。しかし、オーストラリアでは事情が異なるようだ。

特にシドニーのバスは、次の停留所を車内でアナウンスしないので、気を付けていないと下車しそびれる。運転手が停留所を把握していないこともあり、乗客が「停留所飛ばしましたよ」と助言することもしばしば。

ぼんやりできないのは乗車中だけではない。先日、通勤に利用しているバス停で待っていると、いつもの時間に来るはずのバスに「回送」と表示されていた。いや、そんなはずはないと、試しに手を上げてみたところ、停まってくれた。運転手に行き先を確認したら「あ、ごめん。表示を変えるのを忘れてた」。この国で公共交通機関を利用する際は、運転手にお任せは禁物だ。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅から40分ほど車を…(08/17)

豪7月失業率、6年来で最低 フルタイム雇用拡大が貢献(08/17)

豪政府事業の入札、納税記録の提出義務付け(08/17)

新エネ政策、支持保留の州政府間で意見分裂(08/17)

英BP、豪で太陽光発電やEV充電事業計画(08/17)

SA州に太陽光発電所、リバティ会長が計画(08/17)

豪資源の自動化、30年までに実現=日立建機(08/17)

〔ポッサムのつぶやき〕巨大動物の化石を3Dに、BHPが協力(08/17)

VIC労働党、豪最大の公共交通開発を公約(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン