テイクオフ:日本にいる時は、公共交…

日本にいる時は、公共交通機関を利用すれば、自分が運転しないので移動中ぼんやりできることが利点だと思っていた。しかし、オーストラリアでは事情が異なるようだ。

特にシドニーのバスは、次の停留所を車内でアナウンスしないので、気を付けていないと下車しそびれる。運転手が停留所を把握していないこともあり、乗客が「停留所飛ばしましたよ」と助言することもしばしば。

ぼんやりできないのは乗車中だけではない。先日、通勤に利用しているバス停で待っていると、いつもの時間に来るはずのバスに「回送」と表示されていた。いや、そんなはずはないと、試しに手を上げてみたところ、停まってくれた。運転手に行き先を確認したら「あ、ごめん。表示を変えるのを忘れてた」。この国で公共交通機関を利用する際は、運転手にお任せは禁物だ。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで、日本…(06/20)

NSW州予算、黒字39億$超 家族に配慮、ファンドも設立(06/20)

政府の新エネ政策「弱すぎる」、野党が批判(06/20)

オリジン、発電権取得時の税控除で当局提訴(06/20)

再生エネ発電コスト低下、排出減目標容易に(06/20)

資源リオ、WA州の新鉄鉱山開発に着手へ(06/20)

サウス32とハンコック、買収に20億$投資へ(06/20)

LNG輸出業者の国内供給増、ガス価格安定(06/20)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(166)(06/20)

WA港バース建設、改めて関心表明を募集か(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン