カカオ、音楽配信メロンを吸収合併

韓国IT大手のカカオは17日、音楽配信「Melon(メロン)」を運営する子会社のカカオMを吸収合併すると発表した。両社の取締役会で決定した。合併後は音楽と映像のコンテンツ事業を担う、子会社を新たに設立する計画。通話アプリ「カカオトーク」を基盤としてコンテンツ分野を強化する。

カカオは2016年3月、カカオMの前身であるロエンエンターテインメントを1兆8,700億ウォン(約1,900億円)で買収。カカオMの17年通年の売上高は5,804億ウォンで、メロンのサービス会員数は465万人に達している。音楽にとどまらず、映像など総合的なコンテンツ事業を育てる段階に入ったと判断した。

カカオのチョ・スヨン社長は「カカオジャパンが漫画アプリ『ピッコマ』で急成長している中、新設するコンテンツ会社は世界市場で成果を出せると期待している」と述べた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

韓国カムシス、ベトナムで超小型EV生産へ(05/22)

フエに観光特区造成、韓国企業の協力を要請(05/22)

テイクオフ:ドルイドキング事件――…(05/21)

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(05/21)

LGグループ具本茂会長、73歳で死去(05/21)

韓国企業、北部に物流センター開設(05/21)

SKの期待高まる、東芝メモリ売却決定(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン