シャープがテレビで販売攻勢、8Kも投入へ

シャープは17日、フルハイビジョンの4倍の画素数を持つ「4K」規格の液晶テレビのラインアップ拡充を発表した。さらに高精密な「8K」の新型液晶テレビを年内に投入することも発表し、シャープブランドの技術力をアピール。現地生産された製品を好むフィリピン人に訴求するキャンペーン「ウィー・ラブ・フィリピン」と合わせ、2018年は液晶テレビの市場シェアを11~12%に引き上げたい考えだ。全体の売上高は前年比20%増を目指す。

超高精細画質の8Kテレビをお披露目したシャープの橋本仁宏常務(左から3人目)とフィリピン現法の紀藤社長(右から3人目)=17日、タギッグ市(NNA撮影)

超高精細画質の8Kテレビをお披露目したシャープの橋本仁宏常務(左から3人目)とフィリピン現法の紀藤社長(右から3人目)=17日、タギッグ市(NNA撮影)

「4K」規格の液晶テレビ、UA6800Xシリーズ(アンドロイドTV)、UA6500Xシリーズ(スマートTV)の45、50、60インチを今月投入し、年末に8Kの新型液晶テレビの販売を開始する。2K(ハイビジョン)の16倍の画素数を持つ8Kテレビは、ほとんど目で見たままの鮮明な画像を映し出し、医療や防犯など多くの分野で活用が期待できるという。

現地法人シャープ・フィリピンズの紀藤一雄社長は、「富裕層に売り込む8K、中高所得層向けの4K、全所得層をターゲットにした現地生産製品の販売促進キャンペーンで、満遍なく需要を取り込み、シェア拡大を目指す」と説明。液晶テレビの販売台数を前年比40%増、シェアは現状の8%から11~12%に引き上げ、日本ブランドでナンバーワンを目指す。現地生産台数は2倍に引き上げる。

フィリピンでは経済成長や人口増加を背景に、消費財の市場規模が年々拡大している。17年の液晶テレビの市場規模は、前年比4.1%増。このほか冷蔵庫が5.9%増、洗濯機が11.9%増と拡大した。シャープ・フィリピンズの売上高は、液晶テレビが60%増、洗濯機、冷蔵庫、エアコンがそれぞれ15~20%増となった。洗濯機はシェア22%超でフィリピンのトップシェアを維持している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(05/25)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(05/25)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(05/25)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン