• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでは、ここ…

シンガポールでは、ここ数年で街角や公共スペースにピアノが設置され、通り掛かりの人が自由に演奏する姿を見掛けるようになった。

数年前に政府機関庁舎の入り口前広場にアップライトピアノがお目見えした時は、ピアノに触れる人はあまり多くなかったが、今ではランチタイムともなると誰かしら演奏している。オフィス近くにある複合施設の屋外スペースにもピアノが2台置かれており、こちらもよく利用されている。時にはショパンなどの難しい曲を弾きこなす人もおり、思わず立ち止まって耳をそばだてたりする。

そういえば自宅のコンドミニアムでは、週末になるとピアノだけでなく、フルートや胡弓(こきゅう)を練習する音が聞こえてくる。皆かなりの上級者らしく、美しい音色に酔いしれている住民も多いことだろう。日常生活の中で「耳福」に値する体験ができるのはうれしい限りだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(17:01)

テイクオフ:シンガポール人の知人か…(10/22)

EVFTAの妥結へ一歩前進 EU、東南アとの協定拡大に本腰(10/22)

新興企業との連携スペース開所 独インフィニオン、本国含め世界初(10/22)

EUとFTAに調印、貿易・投資促進に期待(10/22)

リー首相、ベルギーで安倍首相と首脳会談(10/22)

南シナ海問題で協力、ASEAN拡大国防相会議(10/22)

空飛ぶタクシー、来年に都市部の試験飛行(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

C4NGP開所、次世代の港湾管理を研究(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン