• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでは、ここ…

シンガポールでは、ここ数年で街角や公共スペースにピアノが設置され、通り掛かりの人が自由に演奏する姿を見掛けるようになった。

数年前に政府機関庁舎の入り口前広場にアップライトピアノがお目見えした時は、ピアノに触れる人はあまり多くなかったが、今ではランチタイムともなると誰かしら演奏している。オフィス近くにある複合施設の屋外スペースにもピアノが2台置かれており、こちらもよく利用されている。時にはショパンなどの難しい曲を弾きこなす人もおり、思わず立ち止まって耳をそばだてたりする。

そういえば自宅のコンドミニアムでは、週末になるとピアノだけでなく、フルートや胡弓(こきゅう)を練習する音が聞こえてくる。皆かなりの上級者らしく、美しい音色に酔いしれている住民も多いことだろう。日常生活の中で「耳福」に値する体験ができるのはうれしい限りだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「去年は日本アルプスに…(01/17)

テック企業のハブに成長へ 金融上回る求人数、グラスドア調査(01/17)

グラスドア、ア太3カ国・地域に進出(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

クロスコープ、共用オフィスの提供開始(01/17)

ofoの免許停止を示唆、度重なる違反で(01/17)

ダナン、鉄道建設でシンガポールに支援要請(01/17)

SIA、4月から成田便にA380再投入(01/17)

港湾PSA、18年のコンテナ取扱量は9%増(01/17)

グラブ、中国のネット保険会社と合弁設立(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン