ガルーダ、スリウィジャヤと共同運航提携

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は16日、国内便の運航で民間航空会社スリウィジャヤ航空とコードシェア(共同運航)提携すると発表した。採算性を高め、国内便のシェアを引き上げる狙いだ。

両社のコードシェア提携は初めて。このほか2社間で結ぶ路線の運賃の配分計算合意(SPA)も交わし、協力関係を強化していく方針。将来的にはSPAに基づいた新規路線の就航も予定している。

ガルーダ航空のパハラ社長は「高い潜在性を持っているにもかかわらず、当社が就航していない都市はたくさんある。コードシェア提携は、当社の採算性を大いに高められる」とコメント。スリウィジャヤ航空のチャンドラ社長も「国内の空運産業の発展に貢献できることを望む」と述べた。

ガルーダ航空は国内外90カ所以上の空港に乗り入れており、1日の運航便数は600便に上る。16日付国営アンタラ通信によると、子会社のシティリンクを含むガルーダ・グループの航空機の保有数は162機で、昨年通年の乗客数は3,600万人。子会社のナムエアを含むスリウィジャヤ・エア・グループの航空機は56機、乗客数は1,270万人だった。

スリウィジャヤ航空のトト取締役(商業担当)は、同社の平均利用率は約85%で、コードシェア提携でこれを引き上げられると期待を示した。

ガルーダ航空とスリウィジャヤ航空は16日、共同運航提携に関する協力覚書(MOU)に署名した(ガルーダ航空提供)

ガルーダ航空とスリウィジャヤ航空は16日、共同運航提携に関する協力覚書(MOU)に署名した(ガルーダ航空提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(20:05)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(17:48)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(16:38)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン