• 印刷する

テイクオフ:初老の台湾人男性がよっ…

初老の台湾人男性がよっこらせと腰掛け、気持ちよさそうに額の汗をタオルでぬぐう。日本の銭湯の光景ではない。台北市のとある中学校のグラウンドである。

九州と同じほどの面積の小さな島に、オーストラリアより多くの人々が住む台湾は、日本よりもずっと人口密度が高い。当然、おいしい空気を吸いながらジョギング、などという優雅なエクササイズができる場所は限られている。そんな中、健康志向の老人たちにせめてもの救いになっているのが、公立学校のグラウンドである。夕方、一般開放されると同時に、学校のグラウンドの年齢層は急上昇する。さすがは、世界で最も急速に高齢化が進む地域のひとつだ。

亜熱帯のうだるような暑さの中、力強くトラックを踏みしめるこの国のベテランたちを横目に、生徒たちはスマホ片手に塾に直行していく。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:僕は静かな物を見るため…(10/16)

民進党は15、国民党は12目標 地方首長選、決起集会で双方が気勢(10/16)

台湾二輪キムコがインド参入 地場と提携、3年で56億円を投資(10/16)

鴻海、米国で大規模な人材募集開始(10/16)

アジャイル、台湾に初の海外法人(10/16)

産業用PC各社、台湾生産強化へ(10/16)

クアルコム、台湾5G官民連盟に参画(10/16)

電動バイクの販売台数、通年で6万台超も(10/16)

台湾のバブルティー店、来月に1号店開業(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン