• 印刷する

ヤクルト、五輪金メダリストとアンバサダー契約

シンガポールヤクルトとブランドアンバサダー契約を結んだジョセフ・スクーリング選手(シモンヌ・カストロビラリ氏撮影・電通スポーツアジア提供)

シンガポールヤクルトとブランドアンバサダー契約を結んだジョセフ・スクーリング選手(シモンヌ・カストロビラリ氏撮影・電通スポーツアジア提供)

シンガポールヤクルトは15日、シンガポール初の五輪金メダリストである競泳のジョセフ・スクーリング選手とブランドアンバサダー契約を結んだと発表した。

契約期間は2020年までの2年間。スクーリング選手が日系企業と同様の契約を結ぶのは初という。電通の子会社でスポーツ関連ビジネスを展開する電通スポーツアジア(本社・シンガポール)が契約締結を支援した。

スクーリング選手は、テレビや新聞・雑誌、ソーシャルメディアなど多様な媒体でヤクルト商品の宣伝活動を行う。同商品に含まれるプロバイオティクス(腸内環境を改善する微生物)の健康効果を紹介し、消費者の健康維持増進に貢献したい考えだ。

シンガポールヤクルトは2009年以来、シンガポール水泳連盟(SSA)のメインスポンサーを務めている。同社の櫻井清孝マネジング・ディレクターは、「当社はシンガポールで水泳競技の振興を支援し続けてきた。今回の提携は、次世代の水泳選手の育成を後押しする取り組みの一環となる」と話した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

セムマリン、LNGタグボートを建造へ(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

中心部の共用オフィス、ゼロテンが買収(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

エネルギー庁、中小対象に太陽発電事業入札(09/21)

18日の停電、セムコープなどの供給遮断が原因(09/21)

潤滑油添加剤の米アフトン、新工場棟を開設(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン