• 印刷する

ヤクルト、五輪金メダリストとアンバサダー契約

シンガポールヤクルトとブランドアンバサダー契約を結んだジョセフ・スクーリング選手(シモンヌ・カストロビラリ氏撮影・電通スポーツアジア提供)

シンガポールヤクルトとブランドアンバサダー契約を結んだジョセフ・スクーリング選手(シモンヌ・カストロビラリ氏撮影・電通スポーツアジア提供)

シンガポールヤクルトは15日、シンガポール初の五輪金メダリストである競泳のジョセフ・スクーリング選手とブランドアンバサダー契約を結んだと発表した。

契約期間は2020年までの2年間。スクーリング選手が日系企業と同様の契約を結ぶのは初という。電通の子会社でスポーツ関連ビジネスを展開する電通スポーツアジア(本社・シンガポール)が契約締結を支援した。

スクーリング選手は、テレビや新聞・雑誌、ソーシャルメディアなど多様な媒体でヤクルト商品の宣伝活動を行う。同商品に含まれるプロバイオティクス(腸内環境を改善する微生物)の健康効果を紹介し、消費者の健康維持増進に貢献したい考えだ。

シンガポールヤクルトは2009年以来、シンガポール水泳連盟(SSA)のメインスポンサーを務めている。同社の櫻井清孝マネジング・ディレクターは、「当社はシンガポールで水泳競技の振興を支援し続けてきた。今回の提携は、次世代の水泳選手の育成を後押しする取り組みの一環となる」と話した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

11月の新規車両登録は5%減 乗用車と商用車が2桁のマイナス(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

ヤマハ発動機、グラブと資本・業務提携(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

9月の失業率2.1%、6月からわずかに上昇(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

消費者信頼感、過去3年で最高水準に(12/14)

ジャンボ、IONオーチャードに6号店開業(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

ごみ処理ブループラネット、インド企業買収(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン