自動車燃料値上げ、軽油は過去最高値

インド石油公社(IOC)は15日、ガソリンと軽油の価格を再び引き上げた。首都ニューデリーでの1リットル当たりの価格はガソリンが74.95ルピー(約122円)、軽油が66.36ルピーとなる。民放NDTVが伝えた。

世界的な原油高が続く中、IOCは先月後半からガソリンと軽油の価格を据え置いていた。サンジブ・シン会長は、消費者の無用な混乱を回避することが目的としていたが、一部では南部カルナタカ州の州議会選挙に向けた政治的配慮と受け止められていた。

値上げが再開されたのは投票の2日後となる14日。IOCは価格を19日間据え置いた後、2日連続で引き上げたことになる。

15日の価格は、ガソリンが4年8カ月ぶりの高さ、軽油は過去最高となる。1リットル当たりの前日比の上昇幅はガソリンが0.15ルピー、軽油が0.22ルピー。年初来の上昇幅はガソリンが4.98ルピー、軽油が6.72ルピーとなる。


関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン