• 印刷する

自動車燃料値上げ、軽油は過去最高値

インド石油公社(IOC)は15日、ガソリンと軽油の価格を再び引き上げた。首都ニューデリーでの1リットル当たりの価格はガソリンが74.95ルピー(約122円)、軽油が66.36ルピーとなる。民放NDTVが伝えた。

世界的な原油高が続く中、IOCは先月後半からガソリンと軽油の価格を据え置いていた。サンジブ・シン会長は、消費者の無用な混乱を回避することが目的としていたが、一部では南部カルナタカ州の州議会選挙に向けた政治的配慮と受け止められていた。

値上げが再開されたのは投票の2日後となる14日。IOCは価格を19日間据え置いた後、2日連続で引き上げたことになる。

15日の価格は、ガソリンが4年8カ月ぶりの高さ、軽油は過去最高となる。1リットル当たりの前日比の上昇幅はガソリンが0.15ルピー、軽油が0.22ルピー。年初来の上昇幅はガソリンが4.98ルピー、軽油が6.72ルピーとなる。


関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼大手、1Qは増収増益 輸出減少も国内需要が拡大(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

人気SUV車種の販売失速、ビターラなど(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

スクーターレンタルのボゴ、事業拡大へ資金(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

不振のジェットエア、関連会社の売却を検討(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン