• 印刷する

《日系進出》三信建設工業、タイに現地法人設立

三信建設工業(東京都台東区)は14日、タイに同社初の海外現地法人「三信建設(タイランド)」を設立したと発表した。東南アジア市場を重視し、インドシナ半島の要に位置するタイに進出した。

現地法人の資本金は、約715万円で、三信建設工業が49%出資している。初年度の従業員数は8人程度。営業開始は6月を予定している。

同社の担当者はNNAに対し、現地法人設立で、タイ首都圏鉄道「オレンジライン」の地盤改良の工事受注を目指すと説明した。同担当者は「今後は、ベトナムやシンガポール、インドネシアなど東南アジアで事業展開していきたい」と述べた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スワンナプーム空港の第3滑走路計画を承認(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

グラブ、新政権での配車アプリ合法化に期待(04/19)

タイ―カンボジア鉄道、22日に運行の調印式(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

住友林業、トンロー地区の高級コンドを販売(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

発電ラチャブリ、「RATCH」に社名変更(04/19)

ラチャブリ、西部発電所2基の開発計画提出(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン