• 印刷する

文秀ホンダ、主力カブEX5の新モデル発売

ホンダのマレーシアの自動二輪車合弁会社である文秀ホンダは14日、エンジン排気量110ccの主力車である小型のカブタイプ「EX5」の新モデルを発売したと発表した。新色を導入し、デザインの一部を変更した。

EX5は1987年の発売以来、今年4月までに200万台以上を販売してきた人気モデル。国内のカブモデルとしては初めて、エンジンのパワー向上と燃費改善を実現するPGMーFI(電子制御燃料噴射装置)を搭載している。4.3リットルの大型燃料タンクは給油頻度の低下を実現する。

新モデルには、レトロ感のあるストライプ、ビンテージの雰囲気を醸し出すクローム・エンブレムやクローム・リアグリップを備えた。クローム・マフラーカバーはデザイン性の向上だけでなく、熱から搭乗者を守る安全性も高めた。車体カラーには、新色マジェンタを加えた。

販売価格は、スポークタイプが4,859リンギ(約13万4,625円、消費税=GSTなし)、キャストタイプが5,099リンギ。いずれも購入から2年間または走行距離2万キロメートルまでの保証が付く。

文秀ホンダが発売した「EX5」新モデル(同社提供)

文秀ホンダが発売した「EX5」新モデル(同社提供)


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.2円、$=4.12RM(21日)(19:55)

8月新車販売、免税で各社拡大 プロドゥア乗用車シェア3割維持(09/21)

キヤノン、上位ミラーレスカメラを来月発売(09/21)

筑波大マハティール首相に訪日要請、分校も(09/21)

ナジブ前首相、資金洗浄など25件で再起訴(09/21)

RM=27.1円、$=4.13RM(20日)(09/21)

KTM複線改良工事2期、発注取り消し(09/21)

接続性に優れた空港、KLIAは世界12位(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン