• 印刷する

ブルネイと協力協定、フィンテック促進で

シンガポール金融管理庁(MAS)は12日、ブルネイ通貨金融庁(AMBD)とフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)に関する協力協定を締結した。両国間における金融サービスのイノベーション(技術革新)を促進する方針だ。

調印式はシンガポールのハリマ・ヤコブ大統領のブルネイ訪問に合わせて行われ、同大統領とブルネイのボルキア国王が立ち会った。

同協定の締結により、両国はフィンテックの動向や発展に関する最新情報を共有し、両国間の共同開発プロジェクトを後押しする。また両国のフィンテック企業に互いの国の規制に対する理解を助けるための枠組みを整備する計画だ。

MASとAMBDはこのほか、小売りの決済に関する両国間でのエコシステム(複数の企業・団体が共存共栄する仕組み)の構築も強化する。両国の企業、消費者が共に恩恵を受けられるようにする狙い。


関連国・地域: シンガポールブルネイ
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン