• 印刷する

テイクオフ:大連という街について、…

大連という街について、知人からよく話は聞いていた。「暮らしやすいところだ」「海鮮がおいしい」などなど。しかし、これまで訪れる機会はなかった。

そこで先日、一念発起して大連に旅行に出かけることに決めた。まず北京まで行き、そこから鉄道で6時間余りかけ、大連北駅に到着。北駅からは地下鉄に乗り換えて、市中心部を目指す。電車を待っていると、なんと中国語のアナウンスに続いて「まもなく電車がまいります」と日本語のアナウンスが聞こえてくるではないか。続いてロシア語や韓国語のアナウンスも。

海外の交通機関で日本語のアナウンスを聞いたのは初めてだったので、驚きもひとしおだった。日本、ロシア、朝鮮半島に比較的近く、各国からの企業進出も多い大連ならではのアナウンスなのだろう。初めて訪れたにかかわらず、親しみの思いが湧き上がってきた。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州の地下鉄駅で雨傘の…(10/17)

農村観光振興へ3カ年計画 インフラ整備や環境対策を推進(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

9月の訪日中国人、5年ぶりに減少(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

9月CPIは2.5%上昇、伸び率0.2P拡大(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

過剰生産能力の解消、呼応企業に税優遇(10/17)

「軍民融合」を推進、習総書記が会議主宰(10/17)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン