テイクオフ:大連という街について、…

大連という街について、知人からよく話は聞いていた。「暮らしやすいところだ」「海鮮がおいしい」などなど。しかし、これまで訪れる機会はなかった。

そこで先日、一念発起して大連に旅行に出かけることに決めた。まず北京まで行き、そこから鉄道で6時間余りかけ、大連北駅に到着。北駅からは地下鉄に乗り換えて、市中心部を目指す。電車を待っていると、なんと中国語のアナウンスに続いて「まもなく電車がまいります」と日本語のアナウンスが聞こえてくるではないか。続いてロシア語や韓国語のアナウンスも。

海外の交通機関で日本語のアナウンスを聞いたのは初めてだったので、驚きもひとしおだった。日本、ロシア、朝鮮半島に比較的近く、各国からの企業進出も多い大連ならではのアナウンスなのだろう。初めて訪れたにかかわらず、親しみの思いが湧き上がってきた。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(09:33)

米商務長官、6月2~4日に訪中(05/25)

国有企業の純利益、1~4月は18.4%増(05/25)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/25)

22年北京五輪、公式グッズメーカーを募集(05/25)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

サービス貿易を振興、指定17地域で(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン