ハウスが23年ぶり最高益、業務用や海外販売好調

【共同】ハウス食品グループ本社が10日発表した2018年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比32.3%増の162億円となり、23年ぶりに最高益を更新した。国内でレトルトカレーや業務用製品が好調だったほか、海外でカレールウや機能性飲料の販売が伸びた。 北海道の台…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

日立のフィリピン人実習生が帰国、現行制度に問題(11/20)

TPP11、成長率1.1%底上げ 繊維はカナダなど市場開拓に期待(11/20)

自社製造のハラル食品試験販売 キュアテックス、日本料理も提供(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

日本企業向けサービス強化 KPMG、日印の双方から支援(11/20)

オネストビー、日本で全国配送を本格始動(11/20)

アップル向け工場のデモ収束(11/20)

IHI、低温倉庫向け自動設備を受注(11/20)

米ゲーム見本市に不参加へ、ソニーが19年に(11/20)

中華料理に日本食材活用を、香港で実演会(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン