ハウスが23年ぶり最高益、業務用や海外販売好調

【共同】ハウス食品グループ本社が10日発表した2018年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比32.3%増の162億円となり、23年ぶりに最高益を更新した。国内でレトルトカレーや業務用製品が好調だったほか、海外でカレールウや機能性飲料の販売が伸びた。 北海道の台…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(18:05)

マクアケが韓国同業と提携、日韓で出資募る(18:51)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

トレノケートが台北に拠点 クラウド活用、現地企業と戦略提携(07/16)

サービス業は個別研修に人気 人材育成(下)日本品質で差別化を(07/16)

公共EV、自治体で導入進む 日系含む新興メーカーが売り込み(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

トヨタの1~6月販売、13%減の2.6万台(07/16)

対米貿易黒字が13.8%拡大 摩擦激化も、上半期税関統計(07/16)

日立ハイテク、アマタとシェア工場(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン