• 印刷する

3月の経常性賃金、平均4万800元

台湾の行政院主計総処(統計局)が10日に発表した3月の工業・サービス業の賃金・生産力統計によると、従業員の経常性賃金(基本給に諸手当を加算)は4万812台湾元(約15万円)で前月比0.9%、前年同月比では2.6%それぞれ増えた。景気の回復基調を背景に、賃金も安定して増加している現状が見て取れる。

経常性賃金に非経常性賃金(残業代やボーナスなど)を加えた賃金総額は4万6,196元で、春節(旧正月)前ボーナス「年終奨金」の支給のピークを迎えた前月に比べ46.5%減少したものの、前年同月比では4.7%増えた。全従業員のうち、台湾籍のフルタイム従業員の経常性賃金は4万2,909元、賃金総額は4万8,545元だった。

3月末時点での工業・サービス業の従業員数は762万6,000人で、前年同月末時点に比べ1.6%(11万7,000人)増えた。

このほか3月の労働時間は平均183.1時間で、春節連休で営業日数が少なかった前月に比べ53.6時間増加した一方、前年同月比では2時間減となった。残業時間は平均8.2時間で、前月比0.8時間、前年同月比では0.2時間長かった。

3月の残業代は平均1,824元で、前月比10.3%、前年同月比7.7%それぞれ増加した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

12月の新規住宅ローン金利、過去最低を記録(07:55)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

中国旅行客の受け入れ停止、台湾が大陸行きも(01/27)

中国人の訪台手続き停止、感染拡大で一層厳格化(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

バウハウス、中国本土から撤退=台湾も半減(01/23)

クロワッサンの八月堂、香港で出店加速(01/23)

台湾デルタ、アプリでEV充電所の情報提供(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン