• 印刷する

GM、韓国にアジア・太平洋地域本部を設立

米ゼネラル・モーターズ(GM)が、アジア・太平洋地域本部を韓国国内に新設する。子会社の韓国GMは、同地域の生産・販売、技術開発の拠点として位置付ける。韓国政府は、赤字続きで撤退説が絶えない同社の経営再建につながると期待を寄せている。

白雲揆(ペク・ウンギュ)韓国産業通商資源相とGMの海外担当のアングル総括副社長が10日、このような内容を骨子とする覚書(MOU)を交わした。

同省は、地域本部の新設について、GMの韓国事業に対する「中・長期的なコミットメント」として評価。韓国GMの安定経営に向けて「地域本部が重要な役割を果たす」と期待を寄せた。

GMはほかにも、韓国GMの関連会社の次世代車向けの部品の品質向上や人材育成、韓国企業からの部品調達の拡大などで同省と合意した。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン