GM、韓国にアジア・太平洋地域本部を設立

米ゼネラル・モーターズ(GM)が、アジア・太平洋地域本部を韓国国内に新設する。子会社の韓国GMは、同地域の生産・販売、技術開発の拠点として位置付ける。韓国政府は、赤字続きで撤退説が絶えない同社の経営再建につながると期待を寄せている。

白雲揆(ペク・ウンギュ)韓国産業通商資源相とGMの海外担当のアングル総括副社長が10日、このような内容を骨子とする覚書(MOU)を交わした。

同省は、地域本部の新設について、GMの韓国事業に対する「中・長期的なコミットメント」として評価。韓国GMの安定経営に向けて「地域本部が重要な役割を果たす」と期待を寄せた。

GMはほかにも、韓国GMの関連会社の次世代車向けの部品の品質向上や人材育成、韓国企業からの部品調達の拡大などで同省と合意した。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

北朝鮮選手が登場、卓球の韓国オープン予選(13:33)

テイクオフ:米テレビドラマ「スパイ…(07/17)

サムスン、5G設備で強気 世界シェア2割目標(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

6月の輸入物価指数、10.9%上昇(07/17)

6月輸出額0.2%減、船舶の減少など(07/17)

中国進出企業の景況感、上昇相次ぐ(07/17)

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(07/17)

貿易摩擦、中国成長率1P下がれば韓国0.5P(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン