水道料金65%値上げも 台水が検討、企業など大口使用者

公営水道企業の台湾自来水(台水)は、2019年にも水道料金を引き上げる方針だ。郭俊銘董事長が9日、立法委員(国会議員)の質問に答える形で明らかにした。主に企業などが中心の大口使用者を対象に現在より最大で約65%値上げする考えで、実現すれば1994年以来の値上げとなる。台…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前は、ただの迷信だと…(05/24)

家電の声宝が外食市場に参入 がんこフードと提携、3年で20店(05/24)

HTC、スマホ新機種「U12+」発表(05/24)

4月スマホ販売が8.4%減、50万台下回る(05/24)

鴻海出資の和沛科技、99.9%の減資発表(05/24)

華徳動能、欣欣客運から電動バス12台を受注(05/24)

食品へのアレルギー源表示、対象を拡大(05/24)

台湾ダイソー、2年間の輸入資格抹消処分に(05/24)

全聯の店舗当たり売上2桁増、セブン超え目標(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン