二輪車用ヘルメット、認証制度を導入

インドのガドカリ道路交通・高速道路相は9日、二輪車用ヘルメットにインド標準局(BIS)の認証制度を導入する方針を明らかにした。交通事故による死者を減らす目的。PTI通信が伝えた。

ヘルメットの仕様は、道路交通・高速道路省が設立した委員会が検討。バイザー部分の強度を高めるなどの安全性に関する要件のほか、ヘルメットの重さを従来品より300グラム以上軽量化することなどが盛り込まれた。一般的なヘルメットと区別するため、二輪車用製品であることを文字または図で示すことも義務化される見通しだ。

ガドカリ氏は、認証制度の運用が開始された場合、認証を受けていない製品や偽造品に厳しく対応していく考えを示した。同相によると、インドでは年に約15万人が交通事故で死亡している。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車政治

その他記事

すべての文頭を開く

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:インドへ旅行に訪れた人…(06/21)

首都圏で駐車場整備進む 地場社、IoTで運営支援(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(06/21)

EV製造業者協会、5つの部会を設置(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

タタ自、商用車のラインアップを拡充(06/21)

シロップの仏モナン、南部に工場設置(06/21)

北部州がパタンジャリに土地提供、計画前進(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン