クリケットリーグ、広告露出首位はVivo

インドの放送局と広告業者の合同機関、放送広告調査評議会(BARC)インディアの調査で、クリケット国内プロリーグ「インディアン・プレミア・リーグ(IPL)」のテレビ放送中に最も広告の露出回数が多かった企業は中国のスマートフォンメーカーのビーボ(Vivo)だったことが分かった。2位以下を大きく引き離している。ライブミント(電子版)が伝えた。

4月7~26日の期間を対象に調べた。露出回数は、放送中に広告が出た回数を算出する。ビーボはメディア大手スター・インディア、コカ・コーラと共同スポンサーも務めている。上位10社のうち、外国企業はビーボ、米コカ・コーラ、韓国サムスン電子の3社のみだった。同期間の広告支出は推定で22億8,000万ルピー(約37億円)に上るという。

クリケットはインドの国民的スポーツ。IPLは企業にとって、インパクトを残すのに最適な広告出稿先といわれる。2018年シーズンは4月7日に開幕した。最終戦は5月27日で、60試合が開催される予定だ。


関連国・地域: 中国韓国インド米国
関連業種: マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

インドも報復関税実施へ、8月から(06/22)

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意(06/22)

独BASF、印に農業向け新製品20種類投入(06/22)

ボッシュ、向こう3年で170億ルピー投資(06/22)

ガス公社とウーバー、CNG利用促進で覚書(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

鉄鋼タタ、東部新工場から鉄クロム出荷開始(06/22)

建設サンウエー、インド市場に再参入意向(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン