• 印刷する

SBI、タイのネット証券を完全子会社化

SBIホールディングスは27日、タイ企業と合弁で展開していたインターネット専業証券会社のSBIタイオンライン証券を完全子会社化したと発表した。これを機に、より革新的で顧客便益の高い商品・サービスの提供を目指す。

合弁パートナーだったフィナンシア・サイラス証券から20.51%の全保有株を譲り受け、SBIグループによる出資比率を99.99%に引き上げた。

フィナンシア・サイラス証券によると、譲渡額は1億1,764万バーツ(約4億1,000万円)。同社は今回の売却代金を運転資金に充てる。

SBIタイオンライン証券は2014年10月設立。タイ初のネット専業証券会社として、株取引やデリバティブ取引などのサービスを提供している。資本金は8億220万バーツ。

SBIグループは、昨年8月にもフィナンシア・サイラス証券から保有株式を一部譲り受けていた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

賃上げで工場の海外移転も=CPF(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン