【外資・地場特集】台湾二輪最大手の再挑戦 キムコ、上級スクーターに狙い

【第13回】台湾の二輪車最大手、光陽工業(キムコ)が10年ぶりにインドネシアに戻ってきた。前回は地場の合弁相手と販売戦略などを巡り対立、撤退を余儀なくされたが、ファンの根強い支持を追い風に今年1月、生産と販売を開始した。強みとするスクーターの中でも上級モデルに狙い…

関連国・地域: 台湾インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:沖縄民謡「安里屋ユンタ…(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

「生きた英語」を子どもに エイゴポップ、アプリで会話学習(09/18)

8月の自動車販売速報値、12%減も年内最多(09/18)

KPK改正法案が可決、反対の声届かず(09/18)

TVS、インドネ産バイクをアフリカで発売(09/18)

スラバヤ準高速鉄道、24日にもMOU締結か(09/18)

マラン市、交通渋滞解消にLRT建設を計画(09/18)

ボゴール市、脱ミニバスでトラムに移行(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン