【外資・地場特集】台湾二輪最大手の再挑戦 キムコ、上級スクーターに狙い

【第13回】台湾の二輪車最大手、光陽工業(キムコ)が10年ぶりにインドネシアに戻ってきた。前回は地場の合弁相手と販売戦略などを巡り対立、撤退を余儀なくされたが、ファンの根強い支持を追い風に今年1月、生産と販売を開始した。強みとするスクーターの中でも上級モデルに狙い…

関連国・地域: 台湾インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

IoT関連機器の技術規定、年内に制定へ(04/26)

パナ、最上級スキャナーを5カ月に20台販売(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン