• 印刷する

定年引上げ、労働省が2案を提起

労働・傷病軍人・社会事業省は、定年退職の年齢について、男性62歳・女性60歳と、男性65歳・女性60歳の2案を新たに提起している。現行の規定は男性60歳、女性55歳。24日付ベトナム・ニュース(VNS)が報じた。

ダオ・ゴック・ズン労働・傷病軍人・社会事業相は23日、国会社会問題委員会で「どちらを選択するにしても、順次実施していくので労働者に直ちに影響はない」と説明した。またズン労働相は、国際水準に合わせて社会保障制度を修正する必要性を強調した。現在の法令では年金受給に必要な資格期間は20年であるが、「20年にわたり支払えない人もいるため、最低期間を修正する必要がある」として国民皆年金に向けて、支払期間が20年未満でも納めた金額に応じて年金を受け取れるようにする方針を示した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

カギは「教育」と「評価」 越で深刻化する人材不足(上)(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

エアアジア、ベトナムでの合弁設立を見送り(04/19)

HCM市、立ち退き補償の期間規定を提案(04/19)

ABB、ダナンのスマートシティー化で覚書(04/19)

韓国の電子部品メーカー、越で機械設備取得(04/19)

FPT、1~3月は2割の増収増益(04/19)

ビングループ、AI研究所を開設(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

フエにスマートシティー、事業費2200万ドル(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン