• 印刷する

米大使館、太陽光発電パネルを設置

在カンボジア米国大使館は、100万米ドル(約1億900万円)を投じ、大使館屋上に940枚の太陽光発電パネルを設置したことを明らかにした。出力は240キロワット(kW)で、年間6万5,000米ドルの電気料金の削減効果が期待される。

米国のウィリアム・ヘイディ駐カンボジア米国大使は24日、「地球の日(アースデー)」を記念するイベントに出席した。首都プノンペンにある各国大使館で太陽光発電パネルを設置するのは米大使館が初めてという。ヘイディ大使は「カンボジアの未来の環境に投資できたことを誇らしく思う」と述べた。


関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易摩擦で恩恵大 工場移転も、EU制裁は懸念(11/13)

クリスエナジー、ケッペルに作業船改修発注(11/13)

中国小米、スマホ市場に参入(11/13)

米2団体、労働者の権利保障を要請(11/13)

中国国際航空、北京―プノンペン就航を延期(11/13)

首相と野党元党首、ケム・ソカ氏解放で賭け(11/13)

ラタナキリ州で200人食中毒、当局が調査(11/13)

訪日喚起へ「楽しみ」伝える JNTOが催事、認知度に課題(11/12)

セメント生産量、1〜9月は367万トン(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン