• 印刷する

台プラ越製鉄所、1Q売上高は4.8億米ドル

台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)がJFEスチール、中国鋼鉄(CSC、中鋼)と共同で出資するベトナム製鉄合弁のフォルモサ・ハティン・スチール(台塑河静鋼鉄工業、FHS)の売上が好調だ。第1四半期(1~3月)の売上高は4億7,800万米ドル(約520億4,700万円)で、出荷量の増加を背景に拡大。今年通年の売上高は25億米ドルを目指す。

25日付工商時報によると、FHSは2017年5月末に1号炉を稼働した後、同年末に熱延コイルの生産数量100万トンを達成。現在は2号炉の火入れに向けた準備を進めており、今月末にベトナム政府から認可を取得し、5月中の稼働を見込む。稼働後の年産量は現在の2倍の700万トンに拡大するとみられている。

FHSによると、ベトナムはインフラ建設の需要が旺盛なことから、毎年1,700万~2,000万トンの鉄鋼製品を輸入している。このため同社は、巨大な商機が見込める内需市場に注力する考えだ。

台プラはFHSの財務安定に向けて、今年3月に5億米ドルの増資を実施。グループ企業が引き受け、出資比率を75.5%に引き上げた。一方、中鋼とJFEスチールの出資比率はそれぞれ20.5%、4.1%に下がっている。


関連国・地域: 台湾ベトナム
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、4Qは10%増収へ 通年は下方修正、仮想通貨向け縮小(10/19)

メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟(10/19)

米中摩擦の影響、車市場は「最後」=裕隆日産(10/19)

シャープ、プラズマ空気清浄機をMRTに設置(10/19)

繊維の福懋興業、漁網の再生繊維を米出荷へ(10/19)

ECの網家、19年3Qに台北で無人店舗(10/19)

OKマート、セルフ調理器「OKクック」導入(10/19)

海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ(10/19)

台北の店舗用物件、地上1階以外の需要拡大(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン